ホッキョクウサギ日誌

なかにしけふこのブログ。宗教学と詩歌文藝評論と音楽と手仕事と展示の話など。

大英博物館で漫画展(2019年5月23日から8月26日)

2019年5月23日から8月26日まで、大英博物館で「MANGA」展が開催されるそうです。

www.britishmuseum.org
MANGAのグラフィックワールドを主題に日本国外で開催される展示としては最大級とのことで、企画展特設ページのイラストレーションに《ゴールデンカムイ》のアシリパさんが引用されています。さすがです。
鳥獣戯画から現代に至る漫画の語りの技法と主題の変容、世界のマルチメディア表現や仮装文化(cosplay)への影響についても言及があるようです。

大英博物館ブログにも「12作品でみるMANGA略史」がUPされています。

blog.britishmuseum.orgここでは次の12作品が紹介されています。
《猿草子絵巻》
山東京伝作・喜多川歌麿挿絵『玉磨青砥銭』
北斎漫画』
『ジャパン・パンチ』
河鍋暁斎新富座妖怪引幕》
『時事漫画』
岡本一平《漫画双六》
「赤本」(酒井七馬原作・構成、手塚治虫作画『新宝島』)
『ガロ』(白土三平カムイ伝』)
萩尾望都ポーの一族
尾田栄一郎『ワンピース』
こうの史代『ギガタウン 漫符図譜』(英語版)

ポーの一族』はなんと復活連載『ポーの一族 ユニコーン』第一回が掲載された『フラワーズ』2018年7月号の表紙とともに紹介されています。
美術史や人類学、地域研究やカルチュラル・スタディーズの素養のある人にとっても納得の展示の模様、期待が高まります。
チケットは予約制です。企画展特設サイトから予約サイトへのリンクがあります。
この間にロンドンにいらっしゃる方はぜひ。

*もしかするとV&Aのヴィデオゲーム展(2019年2月24日まで)とあわせて見ると予習になるのかもしれません。この間にロンドンにいらっしゃる方はぜひ。

https://www.vam.ac.uk/exhibitions/videogames