ホッキョクウサギ日誌

宗教史、宗教学、詩と短歌と文藝評論とその周辺をめぐるよもやまばなし。

遊園地書店の話

セレクトショップ型の書店に最初に行った時にはご祝儀で何か買って差し上げることもあるけど、行くたび行くたび微妙にかゆいところに手の届かない選書ばかりなのにお前はうちのおしゃれセレクションの顧客じゃない、お前の趣味は重いんだよと言われているような気分になって次第に足が遠のくこともあります。
私の場合は結局大規模書店に行ってしまいます。交通それなりの地域に住んでいるのでまだなんとかなっていますが、近くにマガジンスタンドかかゆいところに手の届かない選書のおしゃれセレクトショップ型書店しかなかったら見たいものを容易に実見できないフラストレーションがたまるでしょう。本屋がみんな雑誌屋さんやおしゃれセレクトショップばかりになっては困ります。
活字は人生の暇つぶしのためにだけあるのではないし、その種の書店では確かに買えないものがあります。遠出やネットショッピング必至。
ライフスタイル提案型書店って、客の側にも迷宮型テーマパークをその仕掛けや欠けも含めて鷹揚に楽しむ心身財の余裕を求めるところがありますね。六本木や銀座SIXや代官山の蔦屋さんは遊園地。すきあらば財布の紐を緩めさせようとするところも遊園地。元気なときやお財布のなかみが温かいときにはそこそこ楽しめますが、イベント以外ではあまり行かないし疲れているときには避けるようにしています。
入り口は多いに越したことはないけれど、書店としての役割を実直に果たす本屋にぜひがんばっていただきたいものです。
読者の内面に干渉せず売るべきものを売る書店だからこそ、客として書架のあいだをうろうろしてはときに安らげたりふるいたたされたりもして、思考をかき乱されずに本を買いに行くことができたりもします。ほかの分野への関心も広げてくれて、学生に読ませられそうな本や学術書や詩集詩論集を中味を見てから購入を検討できるような書店がありがたい。ジュンク堂さんがんばってください勿論教文館さんも紀伊國屋書店さんも。
そして専門書を的確に扱う書店のバイヤーに余人をもって代え難い眼力の主がいることが。そのような方々をくれぐれも大切にすべし。
 
私にも日々の憂鬱が深まりすぎて大規模書店や専門書店に行くのがつらい時期もありました。恣意的な配架とかゆいところに手の届かない選書のライフスタイル型提案型の書店が増えすぎると書店に行っても安らぎません。心身ともに不調の時には今以上に通販に頼らざるをえなくなるかも。
ライフスタイル提案型書店の書店員にも良心ある方はいらっしゃると思います。どうかご検討いただきたいと思います。
 
地域の公立図書館がアーカイヴ機能も学習施設機能も放棄して迷宮のごとき遊園地になる悲劇はこの上ないものです。