ホッキョクウサギ日誌

宗教史、宗教学、詩と短歌と文藝評論とその周辺をめぐるよもやまばなし。

研究メモ作成事情

たいへんごぶさたしておりました。
春節も明けました。本年もどうぞよろしくお願いいたします。
ツイッターに放流した研究メモ事情の話を採録します。タイムラインの皆様と情報交換ができて嬉しかったです。世界のどこかには完璧な情報管理術を日々営々と行って素晴らしい文章を量産しているスーパー研究者スーパー著述家が輝かしく存在するのかもしれないという幻想に打ちひしがれるより、身近な声を分かち合って前へ進んでゆくこと、やはり大事です。

私の場合、研究や作品のアイディアは基本手書きです。
研究関連のメモはたまったらOneNoteにテーマ別に収録することもあります。
使用ノートはA5ツバメノート(100頁サイズ)に落ち着きました。
100頁サイズは必ずしも取扱店が多いわけではないサイズですので、30頁サイズを買ってマスキングテープで束ねて複数冊合本にして使うこともあります。
これにレモン画翠で買ったクレールフォンテーヌはがきサイズスケッチブックを併用しています。このスケッチブック、表紙の色使いとデザインが鮮やかでなかみの紙もほどよく柔らかい質感で紙色も輝かしい。使っていて快い高揚感があります。
両方とも適度な分厚さがあって立って書けるのもよい。
最近お気に入りの筆記用具はMarvyのミリペンです。黒とセピア、0.1mmと0.3mm。
硬めのペン先でしっかり書けて発色もよい。

見開きA4サイズの紙面に日付・書誌データつきで手書き、が私には合っているようです。学会・研究会でのコメントもこのノートに書き込んでいます。本や論文を読んだメモもひとまず手書きします。時系列でまとまっているとあとで見返すときにも便利、という実感をもっています。

史料読解メモ・論文構想・アウトライン作成のさいなど、もっと大きな紙を使いたいときはオキナA4プロジェクトペーパーを使っています。入手容易ですし紙の厚みと色合い、水色の罫線も好ましい。気楽に使えてよいです。ちなみにわたくし方眼派です。

ロディアブロックメモの紙質と紫の罫線が映える輝くような紙色は好きなのですが、殴り書きにはいささかもったいない。ニーモシネが文房具に一家言あるみなさまのあいだで評判になったことがありましたが、紙質よすぎて私などはかえって恐縮してしまいます。罫線の色が明るくきれいな色だったら常用したかもしれません。

リーガルパッドはより惜しみなく使えます。特にオフィスデポのリーガルパッド。通販で買えます。ためらいなくざくざく使えますね。

史料読解メモはA4プロジェクトペーパーに殴り書き→OneNoteかWordで清書のケースが増えました。史料のデータベース化は場合によります。翻訳を打ち込むだけでも大変です。

論文を書くときはまず、A4プロジェクトペーパーに構想や話の展開のアウトラインやチャートをお絵かき(殴り書きともいう)することから始めます。複雑な話題をすっきり説得的に読んでいただくにはやはりこうなりますね。

いつもお世話になっております美篶堂さん制作の各種ノートなど、装幀の美しいノートを研究帖に使っていた時期もありました。しかし、美しい装幀のノートを教義論争史のさまざまなドロドロを記したメモで汚すにはしのびない。平和で美しいことだけ書きたいノートというものが世の中にはあるのです。
詩歌のスケッチも必ずしも美しく穏やかな話題ばかりとは限らない。ここで便箋と原稿用紙の登場です。大学生協が作っているクリーム色の紙のB5判400字詰原稿用紙が好きです。縦書きで筆記用具を替えて書きます。作品がかたちになったらスケッチは捨てます。残念ながら作品のスケッチをみなとっておくほど自意識過剰な人間ではないようです。

直接本やコピーをとった(プリントアウトした)論文にメモをとって付箋を貼り、あとからメモを採録することもあります。この読み方は身体に染みこんでゆく感じがして私も好きです。
そして、メモを手で書いているとだんだん面倒くさくなって「どこになにが書いてあったか覚える」「典拠だけとにかくメモをする」を発動することも。
この方法の難点は論文に再構成するときメモを探すのが若干面倒なこと。でも、からだで読む感覚が身につくと論文に情報を再構成するときもそんなに大変ではありません。
コピーは紙ファイルに挟んで本棚へ入れています。
たまってきたらpdf化をそろそろしなくては、と思いつつだんぜん紙ファイル派です。

iPadにpdfを放り込んで持ち歩いていますがやはり手書きでメモがしたいのでついプリントしてしまいます。PDFをiPadで読むときはiBooksでない書き込みできるアプリで開いて書き込む工夫がやっぱり要りますね。やはり書き込めないのがもどかしいです。対策を模索中です。Kindleで読む電子書籍もやはりあの書き込めない感じがもどかしい。

ノート作成と文献管理は研究の一過程です。記録術と文献管理術の洗練が自己目的化するのが一番危険です。どんなに美しいノートをとっても、どんなにすっきりと文献管理を行っていても、その結果が論文や史料翻訳として結実しないのではしかたがありません。

そして資料管理・メモ整理の方法に完璧や完全はありません。そのときそのときでそれぞれに合った方法を無理のない範囲で試行錯誤して取り入れてあみだしてゆけばよいのではないでしょうか。一番らくに長く続く方法がその人に合った方法でもあります。

とくに多色遣いのきれいな講義ノートをつくって定期試験前になるとクラスメイトに回覧する習性のあったみなさん、くれぐれも卒論や修論のために見た目にも完璧な資料整理をめざそうなんてむりしないでくださいね…きれいなレイアウトの紙面を作るその能力はほかの場面で生かされますから!

告知拾遺:ボッティチェリ展にアウグスティヌスとヒエロニムスも上陸、本づくり学校会員募集、「ウサギノネドコの世界」

告知拾遺です。

ボッティチェリ展(東京都美術館・2016.1.16ー4.3)

日伊国交樹立150周年記念 ボッティチェリ展(東京都美術館・2016.1.16ー4.3)が開催されます。

ウェブサイトはこちら。

botticelli.jp

ツイッターアカウントもあります。(@Botticelli2016)

古代末期クラスタ的には岩波文庫版のアウグスティヌス『神の国』(服部英次郎訳)の表紙や、現行の中公文庫版『告白』(山田晶訳)第一巻の表紙でおなじみの《書斎の聖アウグスティヌス》の実物がみられるのが楽しみですね。
《聖ヒエロニムスの聖体拝領》も出展されます。


主要出展作品紹介はこちらでごらんください。
シモネッタ(《美しきシモネッタの肖像》)もいますね!

http://botticelli.jp/works


現行の岩波文庫版『神の国』の表紙はこちらでごらんください。

Amazon.co.jp: 神の国 1 (岩波文庫 青 805-3): アウグスティヌス, 服部 英次郎: 本


現行の中公文庫版『告白』の表紙はこちらでごらんください。

告白 I (中公文庫) | アウグスティヌス, 山田晶 | 本 | Amazon.co.jp

告白Ⅰ|文庫|中央公論新社

本づくり協会会員募集

本づくり協会が個人会員・法人会員(一口3000円から)を募集しています。

ワークショップ参加など、各種特典あり。

「本づくり協会は、活版印刷や手製本などの本づくりにかかわる技術と文化の継承を目的とした任意団体です。」(ウェブサイトより)。
美篶堂と嘉瑞工房も関わっています。

www.honzukuri.org

 

「ウサギノネドコの世界」

京都の博物カフェ「ウサギノネドコ」

usaginonedoko.net
のグッズ展「ウサギノネドコの世界」が10/19まで六本木・新国立美術館SFTギャラリーで開催中です。

http://usaginonedoko.net/info/?id=35

カフェの案内はこちら。西大路ですね。

usaginonedoko.net

震災後文学対談:日本近代文学館「声のライブラリー」伊藤比呂美・新井高子・若松英輔回(9月12日)

日本近代文学館の「声のライブラリー」を見に行きました。お題は震災後の詩について。
天変地異の後に書かれうる機会詩について考える回でもありました。
伊藤比呂美さん司会、若松英輔さんと新井高子さんがゲスト。

カルフォルニアと熊本にいてまったく共感することができなかったのでいろいろな震災後文学を読んだ。『想像ラジオ』は面白かったけれど」と正直におっしゃる伊藤比呂美さん。

「震災後にリルケなどを読み始めて詩のすばらしさがわかった」「僕は死んでも僕の言葉は残る」とあくまでもダイブンガクの徒であることをアピールし、ロマン主義的な「霊感を受けて民に寄り添う預言者」としての詩人像を希求する若松英輔さん。


日本語を第一言語としない学生のための日本語教育に携わる詩人としての立場から率直に震災後文学の現在について語る新井高子さん。

三者三様の立場を結び、議論の核心に迫る伊藤さんの司会がすばらしかった。

戦争協力詩のトラウマと仮想の読者に対する過度の配慮から、詩の呪力的機能を震災後の詩歌が自ら封じてしまったのではないか、という新井高子さんのご意見にうなずくところ大でした。
「震災詩を書く詩人も多かったが書くこと自体を批判する詩人も多かった。天変地異に際して作品をつくることじたいへの批判のなかに、詩の呪力そのものへの批判がこめられているように感じた」「現実にはあまりにも悲惨すぎるから冗談を言って笑って前に進むしかないという状況もあったはずなのに、荘重な音楽とともに悲惨な被災地の光景を映すテレビの映像がことさらに悲劇的な気分を盛り上げようとしていると感じた」とのお話や、「ろうそくの炎がささやく言葉」シリーズに参加した経験から、詩の朗読会の聴衆や読者が体験の共有を求めて機会詩を欲しているいるように感じられた、というご指摘も。
日本現代詩歌文学館の協力による、大船渡仮設住宅の集会場を会場にした気仙方言で啄木の短歌を語りなおすプロジェクトの紹介もありました。
口語のリズムにのって語られると啄木の言葉が生き生きとしたユーモアと情感をもって立ち上がる。作例の紹介が面白かった。これはもっとくわしく知りたいところです。

「悲しみには優劣軽重はない」「記名性のある詩すらやがて無記名性を帯びる」など、若松さんのご発言には示唆に富むものもありましたが、現代日本の詩人に預言者的役割や、魂の慰撫や救済のためのことばを発する役割という、宗教家が担ってきたであろう機能を肩代わりさせるのは、いささか荷が重いのではないかとも感じられました。


当事者でなくても震災について語ることができると考えるけれども、死を語れば巨大な死を知ってしまった人から見られているような気がする。
このような見解を新井さんも若松さんも共有しておられるようでした。
いまだ作者の当事者性を重んじる短詩型文学とは対照的であるかもしれません。

私自身は震災の詩をほとんど書いていません。あの震災で幼い頃毎年夏休みにあそんだ陸中海岸の海辺が更地になってしまったのを見てしまった、東北に縁のある人間としては、しばらくはやはり得意のカタストロフィ描写を発揮する気にはなれませんでした。

もの書くひとも生身の人間、表には活動としてあらわれない沈黙の時期も制作期間のうち。第二詩集にむけて何をするか、考える機会になりました。


ところで、あらかじめ共感を目的に書かれた機会詩は後によくて心性史の史料にはなるかもしれないけれど、史料として使われたり作品として残るかは時の運にもよるのではないかと思います。あたりまえかもしれませんが、現代詩関係のみなさんいかがでしょうか。

いかにして彼女は洗脳から生還したか-「しくじり先生スペシャル」辺見マリ回

宗教学の同僚のあいだで話題になっていた「しくじり先生スペシャル」
辺見マリ回をみました。
(2015年9月14日放送、テレビ朝日系列)
「拝み屋」のマインドコントロールからの脱出と社会復帰までのエピソードです。
番組公式ウェブサイトの案内はこちら。

www.tv-asahi.co.jp

動画がありました。貼ってみます。
Part 1

youtu.be


Part 2

youtu.be



体裁はバラエティ番組ですがよいドキュメンタリ。まさに教科書通りのマインドコントロールへの埋没とそこからの脱出談。西田公昭先生も解説に入っておられます。
人生の蹉跌と危機に陥ったスターの弱った心につけこみ、マネージャーも「拝み屋」もみんなぐるになって大金を巻き上げるシステム。
「神様のためにお金をちょうだい」と多額の金銭を従順に差し出させ、その金銭の行き先を疑わない心を作るシステム。
「修行」と称する集団生活を送らせて炭水化物漬けの食生活をさせてわざと容貌を損ない、美しくあることがなりわいの人の自尊心と自己評価までも破壊して「拝み屋」たちの「信者」のサークルに依存させるシステム。
そのすべてがすさまじい。

「お金をすててきれいになろう」拝み屋が引用した中山みきの言葉ですが、同じようなことを砂漠の師父も言っていた。
ぞっとしました。
宗教やスピとお金や生活に必要な富、そして生活における満足の諸相の問題は、宗教家もスピリチュアリストも研究者も目を背けずしっかり考えなければならない問題です。

辺見マリの社会復帰のきっかけを作ったのは、なんと拝み屋がさらに彼女からカネを巻き上げるために発した「働いて稼いでこい」の一言だったとか。

女優業・歌手業復帰によって社会とのつながりとコミュニケーションを回復してはじめて拝み屋集団のたかりに本気で正当な怒りを表明でき、ようやく13年に及ぶマインドコントロールから逃れることができた人の、「途中で止める勇気が大事」のことばは重い。
「痩せて人生を変えたい一心でダイエット教室に通う生徒たちから納入される月謝に「自分に期待してお金をだしてくれているのだ」と胸を打たれるようになった」「家族のためを思ってかえって家族を苦しめてしまった」「社会復帰の途上で、歌っているときだけがすべてを忘れられた」と回想する芸の道に生きる人のきまじめさ純粋さも痛ましかった。

精神の自由と健康のためには、社会とのつながりとコミュニケーションの確保、支配的に振る舞う他者に対する正当な怒りの認識と表明はやはり大事だと感じるところです。

「自分は理性的な判断を下せるし、まじめにきちんと生きているから洗脳なんかされない」と思ってはいけない。
この警告は、既存の大宗教のなかでさまざまな危うさを提示しつつ先鋭化する各種の集団への誘いに対する警告にもなるでしょう。
よいドキュメンタリでした。皆さん見ましょう。

辻邦生『西行花伝』展(学習院大学史料館)を見に行きました。

もう一ヶ月ほど前になりますが、学習院大学史料館の「辻邦生 西行花伝」展を見に行きました。備忘録としてUPしておきます。

www.gakushuin.ac.jp
晩年の大作『西行花伝』の成立に至る辻邦生と西行のかかわりに着眼した、凝縮されて美しい展示でした。
若き日の日記、『西行花伝』の自筆原稿、フランスで行った西行に関する講演原稿・講演準備ノートも出展されていました。


「絶えず書く人」であった辻邦生は書簡も日記も捨てずにとっておいたそうです。今回の展示では日記の目録が出品されていました。
みずからの作品は歴史に残るはずだ、書簡も日記も研究の史料になりうるはずだ。
だから残せるものは可能な限り残しておくのだ、という覚悟も感じられました。
痕跡を可能な限り遺しておきたい作家と、痕跡を可能な限り残さず作品だけに語らせたい作家。それぞれの生き方を考えさせられます。

学生時代の辻邦生が日記に書き留めた詩や短歌もみられました。
福永武彦立原道造を想起させるハイカラで抒情的な作風でした。
辻邦生はこの抒情を最晩年に至るまで保ちつづけ、短編連作集にも長編小説集にもその片鱗を輝かせていたのですが、荒地派以後の現代詩がすすんで放棄した四季派的な抒情とユーモアを小説で継承し、生かしつづけた作家たちがいたのではないか、という戦後文学史の見立てもできるかもしれません。

年譜も親切でした。辻邦生の作家デビューは留学から帰朝後(36歳)、立教大学にテニュアトラックで就職したのが41歳のとき、44歳で学生紛争のさなか『背教者ユリアヌス』を書き始めたとのこと、あらためて伝記的事実を見ると文学研究者でもあった作家の人生が感慨深くうかびあがります。

辻邦生には終戦からフランス留学中のアウシュヴィッツ体験とアクロポリス体験までの15年にわたって小説を書けない時期があったというエピソードも紹介されていました。敗戦の焼け野原を前に物語を語る意義を見失ってしまった辻邦生が、また何かを語らなければならない、と決意したのは、アウシュヴィッツ収容所跡を訪れた折りに詩や文学の記憶が収容者の心の支えとなったことを知ってからとのことでした。


もっとも、辻邦生の作品世界は大文字の文学が信じられていた時代に旧制高校文化と東大仏文科を経由してフランス語とフランス文学を教える大学教師として生きたひとが書いた散文ならではの趣を備えています。
旧制高校教養主義文化の最後の残り香をかろうじて知っているロストジェネレーションの人として、辻邦生の作品世界の妙味をより若い世代に伝えるときには、やはり評言をかなり工夫しなければならないとも改めて考えるところです。

純粋性と純情を保ちつつ成熟した文学を書くことに関心のあるひと、歴史とフィクションに関心のあるひと、歴史小説書くひと、日本のポストコロニアル文学と教養主義、そして日本発の世界文学のゆくえに関心のある皆さん、学習院大学史料館での今後の辻邦生関係の展示に注目しましょう。

今回の訪問では、おもいがけずも担当学芸員のかたから所蔵資料の現況について貴重なお話をうかがうことができました。
ありがとうございました。

アンソニー・グラフトン『テクストの擁護者たち』(勁草書房、2015年)刊行記念イベントに行ってきました。

アンソニー・グラフトン『テクストの擁護者たち』(福西亮輔訳、ヒロ・ヒライ監訳、勁草書房)刊行記念イベントに行ってきました。
ヒロ・ヒライさん、福西亮輔さん、久保田静香さんの鼎談です。
http://www.keisoshobo.co.jp/news/n12080.html

書誌はこちら。

www.amazon.co.jp

www.keisoshobo.co.jp



当日の詳細はこちらのまとめをごらんください。
ヒロ・ヒライさんと赤江雄一さんがまとめてくださいました。
私もいくつか中継ツイートをしました。こちらにも私の中継ツイートをいくつか再掲します。

ー『テクストの擁護者たち』出版記念イベントに来ました。翻訳の話、グラフトンの作品世界、『古典の擁護者たち』について、人文学の危機について、質疑応答の構成です。まず翻訳と出版の経緯から。 2015-08-23 15:17:18
-5年がかりの作業。翻訳者と密に連絡をとり、ていねいに作られた本であることがうかがえます。福西さん「文章も複雑だし、最初は呆然としたことを覚えています」ヒライさん「パーティに呼んで励ますとすすむんですね」 2015-08-23 15:22:09
-3年半後に訳稿脱稿後、1年かけてヒライさんがチェック。「一行一行チェックして大変でした」福西さんは着手当時小学校教諭(現在は高校教員)。「教員の仕事は人を相手にする仕事。繁忙期もあり、1日5行でダウンの日もあったが心の避難所にもなった」 2015-08-23 15:26:45
ー福西さん「自分だったらこういう難しい書き方はしない、という文章にも、この本自体の密度の濃さに向き合わなければならない時があった。意図的に話を単純にしないようにレトリックを使っている」ヒライさん「専門家向け。グラフトン本人はレトリックを明示してくれない」 2015-08-23 15:30:06

-第二部。アンソニー・グラフトンについて。本書が三冊目の邦訳。プリンストン大学教授(歴史学)。世界的名声を『脚注』(1997)で得る。 2015-08-23 15:40:50
ーグラフトンの手法。「現代の歴史家たちが注目した研究対象は、分かりやすい結論を引き出せる数人だけ」「国民国家ごとの視点からの説明は総合的視点を引き出しにくい」したがって論争の困難な過程に注目し、総合的な視点を出そうとする。欧州と離れたところからの展望を獲得したい。 2015-08-23 15:46:55
ー 『テクストの擁護者たち』について。久保田静香さん「グラフトンはインテレクチュアルヒストリーという手法をどれだけ意識的に使っていたか」ヒライさん「19世紀からある用語だが、現在とはかなり異なる用法。現在は日本語でいう「思想史」とはかなり異なる範囲をさす」 2015-08-23 15:55:22
- ラヴジョイのいう「観念史」はインテレクチュアルヒストリーの対象を扱わない。インテレクチュアルヒストリーの実践の成功例がグラフトン。ヒライさん「なぜ彼が成功したかまだわからないところがある」 2015-08-23 16:01:04
ー 福西さん「大学では哲学科に所属していたがなんとなく居心地がわるかった。テクストの外部の歴史を扱わない環境にもどかしさがあった。翻訳に携わってみて、ビッグネームの思想家の思索を広い文脈に置くグラフトンの手法に共感を覚えた」 2015-08-23 16:03:57
ー 福西さん「人文学の側も社会的有用性の意義を狭く考えすぎてきたのではないか。『テクストの擁護者たち』第1章をぜひお読みいただきたい」ヒライさん「第9章もいろいろ考えさせてくれます」時間なのでトークショーはここで終わりです。このあとサイン会があります。 2015-08-23 16:55:18

私はグラフトンの方針にたいへん共感するものです。
本書の翻訳者の福西亮輔氏は都立大哲学科出身の高校教員(地理歴史・公民科)、翻訳着手時は小学校教員だったそうです。現在は部活動の顧問ももちろんしておられるそうです。たいへんな激務のなかこのような成果を出されたことは、学問を志しながらいまにも心折れそうな若手研究者たち、そして研究職を志した経験のある教員・図書館員・博物館/美術館職員にとっての希望の星となるでしょう。
装幀も美しく、文章も読みやすい。重要な著作を相応しい皿に盛る作業、とても大事です。丁寧にインフォーマティヴでリーダブルな本を作って届くべき読者に届ける努力を惜しまないヒロ・ヒライさんと勁草書房の担当編集者・関戸詳子さんの情熱と誠実さに深く胸打たれました。
会場ではむろん人文学の未来に関する話題も出ました。価値観の多様性の担保が大事だし、とてもこの場で語り尽くせる話題ではない、 みんなでひきつづき考えよう、と示唆するトークショーの采配も見事でした。
コメンテーターの久保田静香さんの指摘も的確でした。人文学にたどりつく以前の状況にいて見知らぬ世界を開く新鮮な知に飢えている人にいったい何ができるか。その無力感は心ある若手中堅が共有している課題であるかと思います。
会場の下北沢B&Bのマネジメントもプロフェッショナルです。厳選された書架とグッズも素敵です。経営側の価値観を客にこれでもかとおしつけないブックカフェはそれだけで貴重です。
なかなかに困難な状況にある人文学ですが、未来のかたちのひとつはここにあるかもしれない、との感を得ました。
私はヒライさんの活動の側に立ってできることをしたいと思います。

L.D.レイノルズ、N.G. ウィルスン『古典の継承者たち』(国文社、1996年)もぜひ合わせて読んでいただきたい好著です。
国文社さま、ぜひとも再版してください。期待します。

www.amazon.co.jp

www.kokubunsha.co.jp

ホッキョクウサギ日誌開設のごあいさつ

みなさまごきげんよう。
なかにしけふこ(中西恭子)です。
顔本とツイッター@mmktn)にはしばしば研究関係のことを書いてきましたが、このたび通称「背教者のなりゆき」科研も採択されたことですし、新たに研究関係のことも書くブログを開設することにしました。
はてなブログのつかいかたにはこれから追々慣れてまいります。
どうぞよろしくおねがいいたします。

通称「背教者のなりゆき」科研とはこれのことです。これで古代末期の歴史叙述や「異教徒」像の問題はもとより、折口信夫大川周明とメレジコーフスキイの話題なども胸をはって研究できます。
KAKEN - 「背教者」ユリアヌス像の形成とその受容(15K02071)